Loading...
キャンピングカー・軽キャンならRakuneru(ラクネル)オリジナルキャンピングカー・ベッドキット製作など車中泊仕様で快適なくるま旅

大子広域公園キャンプ場|軽キャンパーピングカーキット・Newラクネル | キャンピングカー・軽キャンならRakuneru(ラクネル)オリジナルキャンピングカー・ベッドキット製作など車中泊仕様で快適なくるま旅



大子広域公園キャンプ場|軽キャンパーピングカーキット・Newラクネル | キャンピングカー・軽キャンならRakuneru(ラクネル)



News blog

お知らせブログ
キャンピングカー・軽キャンならラクネルTop> お知らせBlog> 旅ブログ> 大子広域公園キャンプ場|軽キャンパーピングカーキット・Newラクネル
ベッドキット、ルーフテント、一部商品に関するご対応について

現在、メイン業務である『オリジナルキャンピングカー』の需要増加に伴い、ベッドキット・ルーフテント・一部商品に関しては生産を見合わせております。

お問い合わせの内容によりましては、お返事を差し上げるまでにお時間がかかる場合や、お返事を差し上げられない場合がございます。何卒、ご理解の程よろしくお願い致します。


お知らせBlog

大子広域公園キャンプ場|軽キャンパーピングカーキット・Newラクネル

2010.06.13

軽キャンパー・Newラクネルで大子広域公園キャンプ場を目指して出かけます。
朝、荷物も積み込みさあ出発準備完了です。
今回は旅行記というよりは、キャンプ場で、軽キャンパーNewラクネルを紹介したいと思います。

出発前のNewラクネルのダイネットを撮影しました。クーラーボックスがテーブルの下に見えます。これ以外の持ち物は全て収納庫に入りましたのでスッキリした車内です。
まずは、日立の「おさかなセンター」に向けて出発します。

約2時間後、日立の「おさかなセンター」へ到着しました。軽キャンパーはいいですね、混み合った駐車場でも簡単に駐車できます。

早速、昼食用の刺身と夜食用の食材をゲットします。「日立おさかなセンター」は新鮮な魚が安く買えます。もちろん値切れますよ。

「日立おさかなセンター」内スナップ。刺身は、ひらめ、イカ、ホタテを買いました。

「日立おさかなセンター」内スナップ

早速、Newラクネルの対座仕様のテーブルにゲットした、食材を並べます。テーブルの材質も今回変更しましたので、その質感も御覧に入れられればと思います。

昼食を食べる場所は、少し移動し(隣のコンビニの駐車場)、そこで炊きたてのご飯と、冷たいお茶をゲットしました。ダイネットがあると、便利ですね。新鮮な、お刺身の昼食が自分の車で簡単にとれてしまいますから。
Newラクネルは、テーブルをセットしたまま走行できます。駐車場に車を止めたら、運転席と助手席を前にに倒し、運転席のシートの後ろにマットを置くだけでダイネットが使用できます。(セット時間は数秒で出来ますよ)

丁度昼食時なのでお腹もすいてきました。早速、Newラクネルのダイネッドでたべまーす。今日は31℃と外は暑いのですが、ドアを閉め4連排気ファンを回し、快適に食事ができました。この4連排気ファンは、風量もコントロール出来ますし、低速では音も静かで、排気量の問題もなく、これからも便利に利用できる必須アイテムだと思いました。

大子広域公園キャンプ場に到着しました。
本日は、大子広域公園キャンプ場は満車状態でしたので、キャンピングカー専用サイトなら空きが有るとのことなのでここでキャンプをする事にしました。

キャンピンカーサイトは本当に広くて軽キャンパーではすこしもったいないような気がしましたが、この広いサイトと素晴らしいロケーションの中でNewラクネルのキャンプサイトを構築します。

キャンプ用機材を床下収納から出したところです。
椅子2脚、テーブル、調理台、鉄なべ、100V電磁プレート、100V延長ケーブル、踏み台、キャンプ用小テーブル、ペグ、100V照明用蛍光灯等・・・

今回のキャンプで使用する機材一式です。寝袋2つにマルチシェード、クーラーボックス・・・

キャンプ道具をサイドオーニングを出し、その下にセットしたところです。

軽キャンパーでも、こんなに沢山のキャンプ道具が積めたかと思えるボリュームですね。

夜2次会で使用するダイネットを後方より撮影。

キャンプサイト後方からの全景撮影。

キャンプサイト横方からの全景撮影。

さあ今晩の夜食作りを始めるか?

キャンプサイト前方からの全景撮影。

キャンプサイト横方からの全景撮影。

本当に広いサイトですよね。一般サイトは超満員状態がうそのようです。食事までの時間に露天風呂に入ってきました。

すみません食事の写真を撮り忘れました。このスナップは食事も終わり2次会のダイネットでのスナップです。

だいぶ夜も遅くなりましたので、光が外に漏れないように、マルチシェードを窓に取り付けました。やはりここでも、4連排気ファンは大活躍です。ドアを閉めでも心地良い風が車内に入ってきますのでサイコーです。

朝の写真でーす。夜もラクネルのフラットベットと4連排気ファンで快適に熟睡できました。これから朝食をとります。

朝は自然の空気をいっぱい吸いたいので、運転席側のドアを全開しました。

助手席側のドアも全開しました。

軽キャンっていいですよね、車が小さい事の利点でしょうか、左右のドアを開放しますと、まるで外で、オーニングの下で食事をしている気分があじわえました。

この開放感をスナップしてみました。

マットアレンジを変えたスナップ。

大子広域公園キャンプ場の皆様ありがとう御座いました。

大子広域公園キャンプ場は5つ星のキャンプ場で、日本で一番人気の有るキャンプ場とお聞きしております。本当に、きれいで、スタッフの人も気軽に声をかけてくれますし、私も一番好きなキャンプ場です。皆様も機会ありましたら、ぜひ一度尋ねてみてはいかがですか。

キャンプ場を後にし、近くの道の駅で、本日の見学地を探そうと、情報収集しました。

近くに竜神大吊橋があるとのことなので、まず1つ見学地をゲットしました。

時間も充分ありましたので、その前に、近くに栃原金山が有り、十数年目前に見学したことは有るのですが、その時は偶然その場所を見つけたので大子のどの場所にあるかも分からずに見学しました。機会があったら再度訪れたいと思っていたので探すことにしました。

大失敗です。金山は現在閉山しているようで、取り付けの道も閉鎖されているようでした。軽自動車の機動性で金山方面へ向かえば、見つかるかと思い山中へ入っていきました。ところがその道路は金山へはつながっておらず、抜けられる道と信じて、かなり急な登り坂を無理して来ましたが結局山頂で行き止まりです。その時の山頂でのスナップです。

先は崖のような下りで戻るしか方法はありません。戻る方向も写真では普通の下り坂に見えますが、ブレーキを踏むとずれるような急坂です。車をUターンする場所も無いので最初のコーナーのところでなんとかUターンし、時速1km以下と止まる様な速度で急勾配の下り坂を数箇所クリアーすることが出来ました。軽の機動性の良さと無茶は別物ですね、良い教訓になりました。

ようやく普通の山道に出ました。秀明水という名水が有りました、この様な出会いは旅の楽しさを一番感じさせてくれます。

軽キャンパー・Newラクネルのスナップ

飲んでみましたが、自然の水はおいしいですね。

ご馳走さまでした。

竜神大吊橋へ向かう途中のスナップ。

竜神大吊橋へ到着。

切符を購入しましたので、これから渡ります。

竜神大吊橋は長さ本州一375mの吊橋です。眼下のダム湖からの高さは、100m大迫力の吊橋でした。

今回は軽キャンパー・Newラクネルで大子広域公園キャンプ場を目指して出かけました。。
キャンプ場でNewラクネルのキャンプ体験を紹介するのが目的でした。次回は車中泊の体験談をお知らせしたいと思っております。
これからうまい蕎麦でも食べて、帰途に着きまーす。




ベッドキット、ルーフテント、一部商品に関するご対応について

現在、メイン業務である『オリジナルキャンピングカー』の需要増加に伴い、ベッドキット・ルーフテント・一部商品に関しては生産を見合わせております。

お問い合わせの内容によりましては、お返事を差し上げるまでにお時間がかかる場合や、お返事を差し上げられない場合がございます。何卒、ご理解の程よろしくお願い致します。


オリジナル キャンピングカー・軽キャンパー


サイトメニュー